生活関連

せっかくロト6で1等が当たったのに「2等の方が当選金額が多かった」ってツラすぎる回が過去にあった

投稿日:

数字選択式宝くじ「ロト6」というものは、1〜43までの数字の中から6つの数字をチョイスして、見事それら6つの数字が抽選番号と合致してたら1等賞!

仮に1等をひとりじめなら当選金額は2億円で、もしもキャリーオーバーが溜まっていたら、最高6億円がもらえるというシステムである。となると狙うは1等賞……なのであるが、そうとも限らないのが運の神様のニクイところだ。

このところ、暇さえあれば『ロト&ナンバーズ&ビンゴ5当選数字パーフェクト年間1994-2019(主婦の友インフォス)』なる単に過去の当選数字が羅列してあるだけの分厚い本を読んでいる。電車ファンが時刻表を読んで楽しむがごとく、私もロトの数字でいろいろ妄想しながら楽しんでいるわけだ。

そんな本を読んでいて、私が「なにっ……!?」と注目したのが、第625回ロト6(平成24年1月19日抽選)の当選結果である。当選数字は「05、17、26、37、39、42(20)」と、特筆すべきものではない。しかし……

当選金額の欄を見て、私は「な、なんということだ……!!」と震え上がった。1等に当選したのは13口とべらぼうに多く、当選金額は1609万5600円。もしもひとりじめなら2億円はもらえていただろうに、よりによって13口……!!

さらに!

「申込数字6個のうち5個が本数字に一致し、さらに申込数字の残り1個がボーナス数字に一致」の2等に当選したのは7口で、当選金額は2690万2500円。まてよ……? これって……

1等:1609万5600円

2等:2690万2500円

にっ……2等のほうが多いじゃないか!! 6つの数字をズバッと当てた1等の当選者よりも、5つの数字しか当たらなかった2等の人のほうが、「当選人数が少なかったから当選金額も多かった」のである。おお……なんということだ……。

ちなみにこのケースは、「1等が13口もあった」のに対し「2等が7口しかなかった」からこそ起きた、奇跡(悪夢?)の逆転現象といっても差し支えない。

また、「1等が13口」が1等当選口数の最高記録なのかなぁ……と思いながら同書で調べたところ、そうではないことも判明した(←熟読しすぎ)。

第146回ロト6(平成15年7月31日抽選)の1等は、なんと21口(当選金額1394万4100円)も出ていたのである。ちなみに2等は31口(850万1300円)で、当選金額的には僅差ながら1等が上。しかし、1等2等どちらにしても、当選者が多すぎたため、他の回よりは当選金額が少ない結果になっている。

ナンバーワン(1等)を目指しても、そこに他のナンバーワンがいたら、ナンバーワンの中の1人でしかなくなる。目指すべきはオンリーワン。誰もが狙えなかった6つの数字を選ばなければ、唯一無二の勝者にはなれないのだ。

参考リンク:Amazon「ロト&ナンバーズ&ビンゴ5当選数字パーフェクト年間1994-2019」主婦の友インフォス
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24
せっかくロト6で1等が当たったのに「2等の方が当選金額が多かった」ってツラすぎる回が過去にあった

-生活関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.