デジタル関連

Accessの関数 データ加工・分析・集計に役立つワザまとめ

投稿日:

関数の基本

関数の基本を学ぶことで自由自在にテーブルのデータを取り出し分析することができます。
まずは関数がなんのためにあるのか、どこで使うのか、関数の入力方法などを理解しましょう。

Accessの「関数」とは

データの複雑な加工や面倒な計算を、1つの式で簡単に実行するために、関数といいます。関数を使います。例えば、ひらがなやカタカナの表記の揺れを統一することも簡単にできます。

文字列操作のテクニック

文字列操作関数を使用すると、フィールドの文字列を色々な形に加工できます。関数を駆使して文字列を自在に操りましょう。

Accessの関数でフィールドの文字数を設定する方法

キャッチコピーを必ず10文字以上20文字以下にしたいなど、フィールドのデータを特定の文字数に設定したい場合があります。関数を用いてフィールドの文字数制限を設定する方法を解説します。

数値計算と集計のワザ

単純な四則演算は「+」「*」などの算術演算子で実行できますが、複雑な計算には関数が必要です。条件を指定した集計も関数で行なえます。

Accessの「Int」「Fix」関数で少数の端数を切り捨てる方法

Int関数またはFix関数を使用して、少数の端数を切り捨てられます。2つの関数の処理方法が異なるので、特徴を理解し、使い分けましょう。

日付と時刻の操作ワザ

日付/時刻関数を使うと、受注日を基準に月末日を算出したり、一定期間ごとに集計したりできます。ここでは日付データの処理に関するワザを紹介します。

Accessの関数で今月が誕生月のデータを取り出す方法

誕生月キャンペーンなどを開催する場合、今月が誕生月の顧客データを抽出できると便利です。Date関数とMonth関数を組み合わせて「今月」を求め、抽出条件としましょう。

データの変換ワザ

計算の過程でデータ型を変換したいことや、未入力のフィールドを別の値に変更したいことがあります。ここではそのようなときに役に立つ関数を紹介します。

Accessの関数でNull値を別の値に変換する方法

「Null値」とは、データが入力されていない状態のことを言います。Null値をクエリやレポートで「登録なし」や「0」に変換して表示できます。

Source: できるネット
Accessの関数 データ加工・分析・集計に役立つワザまとめ

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.