デジタル関連

ソフトバンク、ガラケースマホ割を1月16日で終了

投稿日:

ガラケー
ソフトバンクは、フィーチャーフォン(ガラケー)所有者を対象とした割引サービス「ガラケースマホ割」を1月16日をもって終了することを発表しました。

他キャリアのガラケー割引も終了なるか

ガラケースマホ割」は、ガラケーからソフトバンクのスマートフォンへのりかえ(MNP)または機種変更する際に「データ定額ミニモンスター」に加入することで、毎月1,980円を12ヶ月間にわたって割引するサービスです。
 
同サービスは昨年9月より開始しましたが、ソフトバンクは今月16日をもって終了すると発表しました。
 
他大手キャリアでも、NTTドコモが「ウェルカムスマホ割」、KDDIが「ケータイ→auスマホ割」といったガラケー所有者向けの割引を実施していますが、今後はソフトバンク同様終了になる可能性があります。

現在のガラケー所有者はどれくらいいるのか?

現在の携帯電話市場におけるメイン端末はスマートフォンですが、ガラケー所有者はどれくらいいるのでしょうか?
 
MMD研究所が2018年6月、全国の15〜69歳の男女15,018人を対象に実施した調査では、約5人に1人がガラケーを所有している(20%)という結果が出ています。
 
また、ガラケーの所有率は年々減少しているものの、その一方でガラケーユーザーのほぼ半分はガラケーに「不満はない」と回答していることもわかっています。
 
 
Source:ソフトバンク,MMD研究所
Photo:flickr-Ryosuke Sekido
(kotobaya)

Source: iPhone Mania
ソフトバンク、ガラケースマホ割を1月16日で終了

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.