車・バイク関連

トライアンフ/インディアンの2019年モデルをチェック×10台

投稿日:

2019世界の新車総図鑑(トライアンフ/インディアン)

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「2019世界の新車総図鑑」にてここまで判明しているラインナップをあらためて整理しておきたい。本稿ではトライアンフとインディアンの2019年モデル情報についてまとめた。

[新型]トライアンフ スクランブラー1200 XC/XE

スクランブラースタイルのニューモデル。XCはオンオフどちらも意識したデュアルパーパスモデルで、XEはよりオフロードを意識したサス設定等が施されている。共通装備のフルカラーTFTディスプレイは「テーマ」と呼ばれる2種類の画面レイアウトが用意されている。

Scrambler 1200 XE(2019)

主要諸元 ■全幅905 全高1250 軸距1570 シート高870(各mm) 車重227kg■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ1200cc 90ps 11.2kg-m 16L ■タイヤサイズ F=90/90-21 R=150/50R17(写真:スクランブラー1200 XE)

[モデルチェンジ]トライアンフ ストリートスクランブラー

オンオフどちらも楽しめるスクランブラーがパワーアップ。エンジンは従来より10ps高い65psになったほか、ライド・バイ・ワイヤシステムを搭載する。また、120種類以上用意されている純正アクセサリに「アーバントラッカーキット」が追加された。

STREET SCRAMBLER(2019)

主要諸元 ■全長2125 シート高790(各mm) 車重198kg(乾燥)■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 900 cc65ps 8.1kg-m 12L ■タイヤサイズF=100/90R19 R=150/70R17

[モデルチェンジ]トライアンフ ストリートツイン

’16に発表されたモダンクラシックモデル。’19モデルは新たにライディングモードとして「ロード」と「レイン」が追加された。そのほか、スリッパークラッチや空気圧管理システムなど最新のテクノロジーを使った機能も標準装備されている。

STREET TWIN(2019)

主要諸元 ■全長2090 シート高760(各mm) 車重198kg(乾燥)■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 900cc 65ps 8.1kg-m 12L ■タイヤサイズF=100/90-18 R=150/70R17

[新型]トライアンフ ボンネビルT120 エース

ブラックペイントのアーバン「トラフィックライトレーサー」がテーマの特別エディション。ブラックベンチシートやAce caféグラフィックのタンクなど、プレミアムなフィニッシュが施されている。全世界1400台の限定生産で、日本導入時期・価格は未定だ。

BONNEVILLE T120 ACE(2019)

主要諸元 ■全長2170 シート高785(各mm) 車重224kg(乾燥)■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 1200cc80ps 10.7kg-m 15L ■タイヤサイズF=100/90-18 R=150/70R17

[新型]トライアンフ ボンネビルT120 ダイヤモンドエディション

1959年に誕生したボンネビルの製造60周年を記念したモデル。スノードニアホワイト×アルミニウムシルバーのユニオンフラッグが施されたタンクや、クロームメッキのエンジンカバー&バッジがプレミアム名印象を引き立てる。全世界で800台限定生産だ。

BONNEVILLE T120 DIAMOND EDITION(2019)

主要諸元 ■全長2170 シート高785(各mm)車重224kg(乾燥)■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 1200cc80ps 10.7kg-m 15L ■タイヤサイズF=100/90-18 R=150/70R17

[新型]インディアン FTR1200/S

アメリカ最高峰のフラットトラックレースであるAMERICAN FLAT TRACKシリーズでチャンピオンシップを獲得した「FTR750」をモチーフに作られたモデル。新開発1203cc水冷Vツインエンジンを搭載し、パワーアシストスリッパークラッチやABSを標準装備する。

FTR 1200 S(2019)

主要諸元 ■全長2287 シート高805/840(各mm) 車重221kg(乾燥)■水冷4ストV 型2気筒DOHC 4バルブ 1203cc121ps 11.7kg-m ■タイヤサイズF=120/70R19 R=150/80R18(STD)(写真:FTR 1200 S)

[コンセプト]インディアン FTR1200 トラッカーコレクション

FTR1200の40種類以上あるアクセサリコレクションのひとつ。FTR750のイメージに最も近いデザインで、キットにはカウル、ハイマウントのアクラポヴィッチ製スリップオンマフラー、サイドマウントのレースナンバープレート、浅めのシートなどが含まれている。

FTR 1200 Tracker Collection(2019)

主要諸元 ■全長2287 シート高805/840(各mm) ■水冷4ストV型2気筒DOHC 4バルブ 1203 cc121ps 11.7 kg-m ■タイヤサイズF=120/70R19 R=150/80R18(STD)

[コンセプト]インディアン FTR1200 ラリーコレクション

ラリーコレクションは、寂れたキャンプ場から森の廃道を行くイメージで作られたアクセサリキット。Pro Taperのハンドルバーや小さなラリーウィンドシールド、アルミ製のスポークホイール、ハイマウントナンバープレートホルダーなどを装備する。

FTR 1200 Rally Collection(2019)

主要諸元 ■全長2287 シート高805/840(各mm) ■水冷4ストV型2気筒DOHC 4バルブ 1203 cc121ps 11.7 kg-m ■タイヤサイズF=120/70R19 R=150/80R18(STD)

[コンセプト]インディアン FTR1200 スポーツコレクション

「クイックストリートライダー」を対象としたスポーツコレクション。タンクカバーやシートカウル、フェンダーなど随所にカーボンパーツを採用し、ブラックに統一された装備は、FTR1200の運動性能を視覚的にも強調するアクセサリーセットとなっている。

FTR 1200 Sport Collection(2019)

主要諸元 ■全長2287 シート高805/840(各mm) ■水冷4ストV型2気筒DOHC 4バルブ 1203 cc121ps 11.7 kg-m ■タイヤサイズF=120/70R19 R=150/80R18(STD)

[コンセプト]インディアン FTR1200 ツアーコレクション

長距離ツーリングを意識したコレクション。防水性のあるロールトップのメッセンジャーバッグやタンクバッグなど収納と、高さのあるウィンドシールドを装備する。ここで紹介したコレクションのほかにも、インディアンのアクセサリーサイトでは様々なパーツを見ることができる。

FTR 1200 Tour Collection(2019)

主要諸元 ■全長2287 シート高805/840(各mm) ■水冷4ストV型2気筒DOHC 4バルブ 1203 cc121ps 11.7 kg-m ■タイヤサイズF=120/70R19 R=150/80R18(STD)

※ヤングマガジン2019年1月号掲載記事をベースに再構成

(件数:13)
タグ 「2019世界の新車総図鑑」 - young-machine.com

Source: ヤングマシン
トライアンフ/インディアンの2019年モデルをチェック×10台

-車・バイク関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.