車・バイク関連

VW・パサート改良型、新エンジンを引っさげてウィンターテストに出現

投稿日:

秋のニュルブルクリンク高速テストもほぼ終わり、2018-2019ウィンターテストに突入しました。その第一弾となる「パサート ヴァリアント」改良型プロトタイプのスパイショットが届きました。

「パサート ヴァリアント」は、フォルクスワーゲンの欧州Dセグメントモデル「パサート」の派生モデルワゴンとなります。捉えた開発車両は、6月にスクープしたセダン同様のカモフラージュが施されており、新グラフィックのLEDテールライトデザインや、現行モデルと異なるスポーティなコーナーエアインテークやグリルの形状が見てとれます。

同ブランドのフラッグシップ・スポーツセダン、「アルテオン」にインスパイアされたフロントエンドが予想されています。

室内では、新型「トゥアレグ」で採用された15インチタッチスクリーン「Innovision Cockpit」の採用を期待したいですが、今回の改良型では見送られる可能性が高いようです。しかし、「ゴルフ」改良型やアルテオンの最新インフォテインメントシステムが採用されるはずです。

パワートレインの注目は、1.4リットル直列4気筒TSIガソリンターボに変わる新開発の1.5リットルTSIガソリンターボエンジンで、最高出力の向上が見込まれます。また1.4リットル直列4気筒直噴ターボTSI+モーターの「GTE」はEV後続距離55kmが予想されるほか、最高出力300psを発揮する高性能モデル『パサートヴァリアントR』も噂されています。

ワールドプレミアは2019年内と予想されています。

(APOLLO)
















Source: clicccar.com
VW・パサート改良型、新エンジンを引っさげてウィンターテストに出現

-車・バイク関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.