デジタル関連

【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

投稿日:

「一体いつ使うの?」と話題騒然

仕事で使うWord文書に「暴れ回るティラノサウルス」を登場させたい! ......という人はあまり多くないと思いますが、それを実現できる目を疑うような機能がWordに搭載され、ネット上で話題になっています。

まずは一連の手順を動画でご覧ください。

Wordで作成したビジネス文書にティラノサウルスを挿入し、暴れ回るまでの一部始終を収めました(2倍速)。

これは「アニメーション3Dモデル」と呼ばれるWordの新機能。個人向けなら「Office 365 Solo」、企業向けなら「Office 365 ProPlus」など、サブスクリプション(定額課金)型のMicrosoft Officeの最新バージョンで利用できます。

Wordの機能とは思えないインパクトがあるものの、「一体いつ使う機能なのか?」と戸惑う人が続出。正直、使い道がまったく思い浮かびませんが、新機能には違いありません。どこよりも丁寧に使い方を解説しましょう!

Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を挿入する

1Wordを更新する

【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

まずは、Wordが最新バージョンになっているかを確認します。[ファイル]タブをクリックして[アカウント]を表示し、[更新オプション]から[今すぐ更新]を選択します。

2Wordの新機能を確認する

【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

バージョンアップが完了したあと、手順1の画面で[新機能]をクリックすると、そのバージョンでの新機能を確認できます。「暴れ回るティラノサウルスをページ上に表示できる」と、確かに言及されていますね。

3[オンライン3Dモデル]ウィンドウを表示する

【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

さっそく、ティラノサウルスを挿入していきましょう。Word文書を開き、[挿入]タブを表示して[3Dモデル]→[オンラインソースから]をクリックします。

4アニメーション3Dモデルの一覧を表示する

【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

[オンライン3Dモデル]ウィンドウが表示されました。左下に走る人のアイコンが付いているのが、アニメーション3Dモデルのグループです。ここでは[アニメーション化されたすべての3Dモデル]をクリックします。

5アニメーション3Dモデルを選択する

【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

先頭にティラノサウルスが表示されました。右下の[...]をクリックすると、アニメーション3Dモデルの名前が表示されます。「狂暴なティラノサウルス」とは穏やかではありません。

【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

その[狂暴なティラノサウルス]をクリックしてチェックマークを付け、ウィンドウの右下にある[挿入]をクリックしましょう。

6アニメーション3Dモデルが挿入された

【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

狂暴なティラノサウルスがWord文書に挿入されました! この時点で動いていますが、サイズが小さいので可愛いものです。ボックスの角をドラッグして大きくしましょう。

7アニメーション3Dモデルを拡大する

【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

狂暴なティラノサウルスを拡大しました。まさに文書上で暴れ回っており、内容がまったく頭に入りません。

8アニメーション3Dモデルの向きを変更する

【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

狂暴なティラノサウルスの向きを変えてみましょう。ティラノサウルスを選択し、[3Dモデルツール]の[書式設定]タブをクリックしたあと、[3Dモデルビュー]にあるモデルをクリックします。ティラノサウルスの中央にあるアイコンをドラッグしてもOKです。

【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

狂暴なティラノサウルスが横向きに歩き始めました。文書からはみ出すほどの迫力です。

9アニメーション3Dモデルの動きを変更する

【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

アニメーション3Dモデルには、いくつかの動きのパターンが用意されています。[3Dモデルツール]の[書式設定]タブで[シーン]をクリックしてみましょう。ここではティラノサウルスを正面に戻し、[シーン4]を選択しました。

【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

狂暴なティラノサウルスが尻尾を振り回す動きに変わりました。これほど攻撃的なWord文書は見たことがありません。

PowerPointのスライドでも暴れ回る

ここまで、アニメーション3DモデルをWordの新機能として紹介しましたが、本稿執筆時点ではOffice 365版のPowerPointでも利用できます。挿入までの操作方法はWordと同じです。

【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

PowerPointのスライドに「はち切れそうなチーズバーガー」を挿入しました。やはり使い道がわかりません。

Excelについては、アニメーションではない静止した3Dモデルを挿入できます。次回のアップデートで、Excelの売上表や顧客名簿でもティラノサウルスが暴れ回る日が来るかもしれません。

【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

Excelの場合はいくらかおとなしそうな、狂暴ではないティラノサウルスが用意されています。

以上、Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を挿入する方法を解説しました。

アニメーション3Dモデルは実に50種類ほどあり、「アクロバットなトースト」「踊っているトロール」「ジャグリングしているタコ」など、不思議なキャラクターが多数登場します。ただ、挿入するとWordの動作が非常に重くなり、本稿での検証中にも何度かクラッシュしました。保存していない大事な文書で、調子に乗って試すことのないよう注意してくださいね。

Source: できるネット
【謎の新機能】Word文書に「暴れ回るティラノサウルス」を表示する方法。PowerPointのスライドでも使える!

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.