デジタル関連

11インチと12.9インチのiPad Pro、どちらを選べば正解?

投稿日:


 
2018年のiPad Pro11インチ12.9インチのディスプレイサイズから選ぶことができますが、それぞれどのような用途に最も適しているのでしょうか?米メディアAppleInsiderが検証しました。

サイズに関係なく中身は同じ

今年のiPad Proは、サイズは違っても中身のスペックは全く同じなため、ディスプレイの大きさだけが選択ポイントとなります。
 

 
ディスプレイサイズは人それぞれ好みによると思われがちですが、タスクによってはディスプレイが大きすぎたり、小さすぎるということがあるようです。

タイピング

タイピングを頻繁に行うというユーザーは12.9インチモデルを選択したほうが良いかもしれません。
 

12.9インチのiPad Pro

 
12.9インチのiPad Proには、フルサイズのSmart Keyboard Folioがぴったりと当てはまります。コンピュータから移行してきたユーザーも問題なく馴染むことができるとされています。
 
しかしながら11インチモデルは、キーボードが圧縮されたものとなっており、タインピングは問題なく行えるものの、ユーザーの中には慣れるまで時間がかかる人もいるかもしれません。
 
Smart Keyboard Folioとスクリーン上、どちらのタイピング環境でもディスプレイが大きいことに越したことはありません。

マルチタスキング

マルチタスキングディスプレイサイズが大きいほうが行いやすいといわれています。
 
11インチモデルは、写真や映画を見たり、ゲームをプレイするには持ってこいですが、マルチタスキングを行うのには狭苦しく感じてしまいます。特に、スクリーン上でタイピングを行いながらマルチタスキングを行うのには難しさがあるようです。

持ち歩きやすさ

Appleは今年のiPad Proで多少の軽量化に成功したとされていますが、それでも12.9インチモデルを重く感じるユーザーが多く存在するようです。
 
読者など、長時間デバイスを持っている必要があるタスクを行うのには11インチモデルが便利です。
 

11インチのiPad Pro

 
Smart Keyboard Folioと12.9インチ iPad Proを合わせると、旧iPad ProとSmart Keyboardを合わせたものよりも重いことがわかっています。
 
最高のスクリーンかつポータブルでありたいという方には11インチがおすすめです。
 

 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

Source: iPhone Mania
11インチと12.9インチのiPad Pro、どちらを選べば正解?

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.