車・バイク関連

来年は36回目のパリ・ダカ挑戦。菅原義正氏をとらえて離さないトラックの魅力とは?【クルマ塾】

投稿日:

●自動車レースの歴史からパリ・ダカの魅力へ

【1979年に始まったパリ・ダカールラリー】

皆さん、こんにちは。ご紹介いただいた菅原義正です。今日はよろしくお願いいたします。

私はパリ・ダカール・ラリーを始めて30数年が経つのですが、まず、パリ・ダカールがどんなものかご存知ない人も多いので、ちょっと昔に戻ってパリ・ダカールってどんなものかご説明させてください。

1979年なのでいまからほぼ40年前ですが、フランスの首都パリからセネガルの首都ダカールまで、自動車やバイクで走ろうという競技を、ティエリー・サビーネという人が考えました。この後は端折っていいますが、8年目に主催者のティエリー本人がヘリコプターの事故で競技中に亡くなってしまい、そのあとには、テロに巻き込まれたり、アフリカのほうで問題が起きたりします。

2008年には、我々はポルトガルに集結して、リスボンからダカールまで行こうという競技だったんですけど、あまりにもテロがひどすぎるということでこの年は中止になりました。それで2009年から場所を南米に移して、以降は南米で開催されることになりました。

【世界初の自動車レースはパリ・ボルドーの公道競技】

今年、自動車レースで一番のニュースだったのは、トヨタさんが、日本人の乗った日本のクルマでル・マン24時間に優勝しました。またWRC(世界ラリー選手権)で、こちらもトヨタさんが優勝しています。現在では、こういうふうにいろんな自動車レースがあるんですけれども、ここで、世界最初の自動車レースがどんなふうにできたのかということをお話ししたいと思います。

カンニングペーパーをいっぱい作ってきたんですけど、お待たせしてすみません(笑)。ある新聞に書かれていたのですが、いまから123年前に、世界初の自動車レースが始まりました。1895年6月11日。パリからスタートしてボルドーまでを往復をしようというのが、今から123年前に初めて行われた自動車競技といわれております。

この競技に参加するために、23台のクルマが凱旋門に集まったそうです。そこから朝10時頃ゆっくりスタートしてヴェルサイユに向かいました。それでヴェルサイユ宮殿からスタートして、というのもパリの街ですと町の中が混んでますので、空いているヴェルサイユから競技が始まったと書かれています。

【ガソリン自動車のほか、蒸気機関や電気自動車も参戦】

規則としては、スタートからゴールまではノンストップ。パリからボルドーを往復する競技だと1200kmを走るということで、乗員の交替、運転手さんとかメカさんの交替は自由になってたそうです。それで優勝するためには4座席以上のクルマじゃないといけなくて、その座席分だけ、つまり4人以上乗んないといけないレギュレーションだったそうです。制限時間は100時間。100時間以内にパリに往復して戻ってこなくてならないという決まりがあったそうです。

面白いのが動力源なんですけども、ガソリンエンジンの自動車、それから蒸気機関、つまり鉄道のようなものですね。それから電気自動車、この時代電気自動車があったのですね。この3つの動力が入り混じって、どのカテゴリーが勝つか分からなかったそうです。

実際に走らせてみると蒸気機関のほうが歴史が古いということもあって、実際は速かったそうです。ところがあれは水を一杯持って、燃料もいっぱいもって、水蒸気をおこして動力にするんで、しょっちゅう水を補給しなくちゃいけないんですよ。タンクに。それであちこちの川によって水を汲んだりするので、単純なスピードは速いんですけども、結局はガソリン自動車が勝っています。

【空気入りタイヤの宣伝のためミシュランも参戦】

もうひとつの電気自動車は、最後まで走れなかったんですけども、後になって世界陸上最高速度記録を樹立したのは、この電気自動車だったそうです。(記事には)「ヘッドライトはろうそくか石油ランプ」って書いてあるんですけども、これちょっと間違えかなと思うのです。ろうそくじゃ難しいんですね。

みなさんカーバイトって知らないでしょうけれどもカーバイトって砂糖の塊みたいなのがあるんですよ。それをある入れ物の中に水をいれて反応させるとガスが起きるんですね。そのガスをパイプで引っ張って前のほうで点灯させるんですが、ガス灯ですね。私がそれが本当なんじゃないかと思います。

この頃にはもう空気入りタイヤがありました。それをミシュラン兄弟社という会社が作ってたんですが、そのタイヤの宣伝のために、ミシュラン兄弟社もレースに1台クルマを出したそうです。それまでのタイヤはソリッドっていいまして、ゴムの塊を付けたり、鉄板を巻いたりしてたんですが、砂利道やら舗装してない道が多かったですから、空気入りタイヤというのは画期的だったと思います。

【ゴールを記念したポルト・マイヨーの石像は必見!】

レースのゴールなんですけど、帰ってきてヴェルサイユ宮殿に一回着いて、それから凱旋門の外側に環状線があるんですけども、そこをポルト・マイヨーと呼んでいるんですね。今度チャンスあったら行っていただきたいんですけど、ゴールした時の様子が、大きな石像に掘ってあります。公園の石像に掘ってありますんで、チャンスがあったらぜひそこを見られたらいいと思います。

ただこの石像なんですが、残念なことがあります。当時エンジンかけるときにはクランクって棒を手で回してたんですね。で石像にもクランクの跡があるんですが、誰か蹴飛ばしたのか、根元で折れてましたね。

レースに参加した人で面白い話があります。蒸気自動車なんですが、ボレーさんという人が作った蒸気自動車が1台だけ完走したんですね。このボレーさんという人はル・マン出身で、アメデ・ボレーっていう人なんですけど、もともと教会の鐘を作るのが専門で、鉄を溶かしていろんなものを作るのが上手だったんだそうです。その彼が蒸気自動車を普及させるんですけれど、もっとすごい話があります。

【ヨーロッパ初の飛行機はル・マンで飛んだ】

実は彼がスポンサーになって、飛行機を発明したライト兄弟のお兄さんのほう、ウィルバー・ライトという人なんですけど、その人をニューヨークからフランスに呼ぶんですね。それで地元のル・マンで飛行機に乗ってもらうんですが、これが初めてヨーロッパを飛行機が飛んだ記録なんです。

当時のルマンは、林ばかりで滑走路もないわけですが、どうやって飛行機を飛ばしたかというと、広い競馬場を使ったんですね。

いまじゃフランスにはエアバスがあって、ドイツもロシアも飛行機すごいの持ってますが、飛行機が一番最初にとんだというのがル・マンなんです。ボレーという人がスポンサーになっていなければ、ちょっと時期的に遅れたかもしれませんね。

最初の自動車レースに話を戻すと、ガソリンエンジン自動車が出した最高速度は、平たん地でも時速40kmに達しなかったそうです。このとき優勝したのは、パナール・ルヴァッソールというクルマです。このクルマ、調べてみると日本人が初めて見た自動車なんですね。いえ優勝したクルマじゃないですよ。それとは別のクルマをフランス人の技師が船に積んで日本にもってきたんです。日本人がはじめてクルマを目にしたのがパナール・ルヴァッソールというフランス製のクルマだったって、これもおもしろいなと思いました。

【1907年、パリから北京まで走るレースがあった】

この頃のレースですが、当時はサーキットなんかありませんから一般の道しか走れないですよね。そんな中、最初のレースからたった12年しか経ってない1907年に、すごいことが起こるんですよ。

我々もそれから80年後にレンジャーで出たんですけど、とにかく1907年に、北京を出発してパリまで走ろうっていう競技、全行程1万6000kmの競技が始まりました。1位は60日間かかって走ったそうです。で、2位は20日遅れて走ってきたそうです。主催者はどういうふうに管理していたんでしょうね。事務局開けてても20日待たなきゃいけないわけですからね(笑)。そんな面白い、ロマンに満ちたような競技が行われました。

しかしこうした競技をやってるのはほとんどフランスなんですね。なんでかというと、当時の歴史調べると、ベンツなんかもクルマをその後いっぱい売るんですけど、一番買ってるのはフランスなんです。ですからフランスにはいかに貴族がいたかということです。クルマが好きな貴族がいたんですね。

【もっと長距離を走ったニューヨーク・パリのレース】

それで、もっとびっくりするのがその翌年なんです。1908年ですから日本でいうと明治41年。ニューヨークのタイムズスクエアを出発しましてサンフランシスコまで、東から西へアメリカ大陸を横断して、そこから船に乗りました。それで2月12日にニューヨークをスタートして、5月13日に日本の神戸に着いてるんですね。当時の日本人は下駄はいたりしてて、そんなところに自動車が走ってきたんでびっくりしたでしょうね(笑)。

一行は京都オリエンタルホテルというところに泊まって、そこからたぶん敦賀のあたりから船にのってウラジオストックへ渡ってます。それでウラジオストックからまたずっと西のほうへ走って、モスクワを通ってパリまで行ってるんですね。合計2万kmを5カ月かかってゴールしたっていってます。当時はサーキットってないですから、そういうことで自動車の競技が始まったんですね。

【もともと耐久レースが好きだった】

さて、それでは私自身がなんでパリ・ダカに魅せられたかという話をします。いまから50年くらい前になるんですけども、はじめは日本のサーキットでレースをしてました。コンクリの上ですね。どっちかというと、長い競技が好きだったんで、富士1000kmとか鈴鹿12時間とか耐久レースといいた耐久レースに出てました。

そしたらある時、雑誌にパリ・ダカールっていう競技があるってことが、いまみたいに映像なんかない時代ですから、ほんのちらっと、写真もなにもなくて出てたんですね。それを読んだときに、自分は1000km走っても、12時間走っても同じところに帰ってくるけど、パリからダカールまで約1万キロも走っちゃうということに非常にひかれたんですね。

それでパスポートを持ってって、どこでスタンプを押すのかとか、当時はフランとかペセタとか国によってお金が全部変わりましたから、お金はどこで両替しなきゃいけないのかとか考えながら、単純な気持ちでやってみることにしたんです。

【フランス語を燃料タンクにマジックで書いた】

ところが、お金がないんですね。それで、私は4輪の選手なんですけども、オートバイはかなり安いお金でエントリーすることができたんで、バイクで出ることにしました。1983年のことです。

最初に36番ってゼッケンもらって、これはフランス語で「トラントシス」って発音するんですが、そのフランス語が分からないんですよ。それでマジックインキで燃料タンクの上に「トラントシス」てカタカナで書いて、呼ばれたら返事しようと思ってたんですけど、ヒアリングが悪くて周りの言ってることがぜんぜんわからない。困ってたら隣の人から「おまえだぞ」っていわれてあわててリュック背負っていくような有様でした。

それで、日本じゃ石の上にも3年っていいますけど、これをやるにはなんとしても10年かかるなと思いまして、10年やることに決めました。それでバイクで2年やったら、3年目にチャンスが訪れました。皆さんご存知だと思うんですけど、夏木陽介さんって、今年亡くなったんですが、彼から声がかかったんです。彼はパジェロに乗ってたんですが、そのナビゲーターにならないかって言われて、それで4輪に転向しました。

次の年、夏木さんは自分のチームを作られたんで、僕は僕で自分のチームを作ることにしました。そこから結局7年、パジェロで走りました。

【10年目、全部門出場を決意してトラックへ】

こうして参戦10年目を迎えたんですが、パリ・ダカには、オートバイと自動車とトラックと、大きく分けると3つの部門があるんですね。それで「今年で最後だし、トラックで出れば全部門出たことになる。それでやめればいいや」と思ったんです。10年で全3部門乗った人はいなかったものですから。

それで10年目、僕はチェコのトラックを用意していたんですけど、日野(自動車)さんから「乗ってください」と言われまして、それで日野さんのトラックに載せていただいたんですね。ところが、終わりのはずだったのに、これがよくなかった。トラックの魅力にはまってしまいました。

トラックって運転が難しいんですよ。見てもわかるようにトラックって運転席が真ん前にあるでしょ。自動車ってのは他のクルマみても分かるように、ホイールベース、つまり前の車輪と後ろの車輪の真ん中に乗るのが一番乗り心地がいいし、一番よく様子がわかるんです。

ところがいちばん真ん前に乗ってると後ろの様子がぜんぜんわかんない。後ろは荷物を積むために作られてて、エンジンも非常に前に来てるんで、前輪にかかる車重と後輪にかかる車重のバランスがすごく悪いんですよ。それでレースやるんですから。いまはレギュレーションもうるさくなくなってきたんで、エンジンを50cm後ろにずらしています。

【来年、36年目のパリ・ダカールに挑戦】

ともかく、エンジンをずらしてみたり、スペアタイヤを後ろに積んでみたりして、それでバランスよくしながらやっています。毎年毎年レギュレーションも変わるし、いろんなことが変わるんですが、クルマいじることも好きなもので、いろいろハマりまして、結局35年、来年もエントリーしてるんで36年目になるんですけど、まだちょっと終われないなっていうくらい課題が残っていまして、続けております(笑)。

ここにあるクルマ、実は風洞実験にもかけてるんですよ。運転席の上にひさしがあるじゃないですか。あのひさしは単に日をよけてるだけじゃないんですよ。風洞実験であれをつけてみると、フロントからあたる風、空気抵抗が10%少なくなるんですね。10%ってすごい効果ですから、あんなのつけてるのもちゃんと意味があります。

今は息子と2台で出ております。来年はパリ・ダカが始まって40年目なんですね。ほんとはぼくはシティ・トゥ・シティ、つまり町から町ってラリーが好きなんですけど、いろんな問題があって来年はペルー1か国でやることになりました。それで、来年の1月6日にスタートして17日にゴールして、距離は5000km走ります。長くなりましたが、どうかご援助をよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

(まとめ:角田伸幸)

Source: clicccar.com
来年は36回目のパリ・ダカ挑戦。菅原義正氏をとらえて離さないトラックの魅力とは?【クルマ塾】

-車・バイク関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.