車・バイク関連

2019新型パニガーレV4R(PANIGALE V4R)は221ps/193㎏でウイング付き

投稿日:

2018年11月4日(日本では5日)、ドゥカティがミラノショーに先駆けてプレスカンファレンスを実施し、パニガーレV4R(PANIGALE V4R)などの2019年モデルを初公開した。

最強エンジンと空力パッケージで差をつける

パニガーレV4Rは公道走行可能なスーパーバイク世界選手権(WSBK) カテゴリーのレーシング・バイク で、2019年シーズンを戦うドゥカティ・スーパーバイクのベース車となる。パニガーレV4Rは、パニガーレV4Sをベースとし、戦闘力を高めるためにドゥカティ・コルセの開発によるモディファイが施されてる。パニガーレV4Sの排気量1103ccのV4エンジンに替わって搭載されるのは、998ccのデスモセディチ・ストラダーレRエンジンで、SBKのレギュレーションが定める排気量に適合している。エンジンはサーキット走行を主とした出力特性とし、最高出力は221ps(162kW)を発揮。また、最高出力発生回転は15250rpm で、1103ccのV4よりも2250rpmも引き上げられている。

ドゥカティ・コルセが開発した独特のエアロダイナミクス・パッケージには、空気抵抗を軽減するスクリーンやアッパーカウル、サイドカウルが含まれている。冷却エアを導くための特別な形状を備えたエアベントも特徴となる。モトGPマシンのデスモセディチGP16に由来するカーボンファイバー製ウイングはあらゆる速度域でマシンの安定性を高め、電子制御の介入頻度を最低限に抑えてライダーに安心感を与えるため、スロットルを開けている時間はより長くなり、コーナー進入前のブレーキングも最大限に遅らせることができるようになるのだ。

【DUCATI PANIGALE V4R 2019年型欧州仕様】パニガーレV4/Sの発表から1年、ついにレース対応排気量となる998㏄のV4Rが登場。史上最強の221psを発揮するだけでなく、ウイングも標準装着としてきた。サスは機械調整式となる。

 

モトGPと同様、CFD(コンピューター流体力学)研究に始まり、形状の試作からフルスケールの風洞モデルの製作という過程を経て造り込まれたRのフォルム。アッパーカウルで片側15mm、サイドカウルで片側38mmワイド化されており、スクリーンも高められている。

オプションのマフラー装着で234psに

パニガーレV4Rのエンジンは、最高出力221ps (162kW) /15250rpm、最大トルク11.4kg-m(112Nm)/1500rpmを発揮。圧縮比は14:1、レブリミッターは 16000rpm (6速で16500rpm) に設定されている。これらの数値は998ccのエンジンとしては驚異的だが、アクラポヴィッチ製ドゥカティ・パフォーマンス・エキゾーストを装着することでさらに引き上げられ、最高出力は234ps(172kW)/15500rpmに到達する。

デスモセディチ・ストラダーレと同様、”R”バージョンは90度V4で、42度後方に傾けたシリンダー、ツインパルス式点火順序、逆回転クランクシャフトを特徴としている。 車体の剛性部材として機能するように設計されたこのエンジンは、新設計されたスチール製鍛造クランクシャフトによって、81mmのボアはそのまま維持しながら、ストロークを48.4mm(1103㏄は53.5mm)にショートストローク化している。4本のチタンコンロッドは、パニガーレV4に採用されているスチール製と比較して、それぞれ100グラム軽量化されている。また、クランクシャフトは1100グラム軽くなっている。

カムシャフトは、専用のカム・プロファイルを備えており、デスモセディチ・ストラダーレに比べてリフト量を増して16本のバルブを駆動(34mm径チタン製インテーク・バルブ、27.5mm径スチール製エキゾースト・バルブ)。Rバージョンのエンジンでは、シリンダー・ヘッドに専用の流体力学デザインが採用された結果、 新しくより大きなインテーク・ダクトが開発されている。

同じ1000以下ではNA最強の221ps。オプションのマフラーを装着すると、2019年型H2の231psをも上回る234psという驚異的なパワーを発揮する。

モトGPマシンよりも高効率なウイング

パニガーレV4Rの変更点におけるハイライトで、外観に最も大きな変化をもたらしたのはウイングだろう。これはデスモセディチGP16 (形状が規制される以前)に使用されていたウイング・コンセプトに基づくものだが、 モトGPで使用されたものと比較してもさらに効率が良くなっているという。

モノプレーンのウイングは台形レイアウトとなっており、根元から先端にかけて徐々に細くなっている。ウイングの性能は、縦方向に配置されたストレーキと、表面を流れるエアを保護するウイングレットによってさらに引き上げられている。フェアリングのデザインと連携するウイングによって、マシン全体のダウンフォースが向上(270km/hで+30kg)し、高速走行時におけるウィリーを抑制。さらに、ターンイン・ポイントとコーナーにおけるブレーキング時の安定性が向上するという。

ウイングの装着で安定性が高められた結果、ラップタイムの短縮が期待できる。電子制御の介入は最低限に抑えられ、コーナリングの開始ぎりぎりまでスロットルを開け、プレーキングを遅らせることができるのだ。

S1000RRにも似たエラのようなエアベントもパニガーレV4Rの特徴。これによりラジエーターとオイルクーラーのエアスルースピードをそれぞれ6%と16%引き上げることに成功している。

タンクはパニガーレV4/Sと同じアルミ製で16L。着色されていないのがRの特徴となる。

Rならではの新装備がPITスイッチ。ピットレーンでの速度制限に対応するため、40km/h~80km/hで調整可能なピット・リミッターを作動させることができる。

乗車定員は1名で、シートはR専用品。特別に車名ロゴが刺繍されている。

5インチTFTメーターは他のシリーズと共通(左上)。フロントはTiN処理が施された専用のオーリンズ製43mm径加圧式NPX25-30フォークを採用(左上、右下)。リヤはTTX36(右上)で、いずれもマニュアル調整式となる。ブレーキはブレンボ製Stylemaモノブロック・キャリパー(右下)に、前後ともマルケジーニ製アルミ鍛造ホイール(下段)を採用する。

「パニガーレV4は214ps・263万円~で4月発売!」記事はこちらへ。

Source: ヤングマシン
2019新型パニガーレV4R(PANIGALE V4R)は221ps/193㎏でウイング付き

-車・バイク関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.