デジタル関連

2019年のiPhoneは赤外線レンズとフロントカメラを統合でノッチ縮小か

投稿日:

2019 iPhone ノッチ Twitter @VenyaGeskin1
 
iPhone XRが発売されたことで、2018年に発表された3種類のiPhoneはすべて出揃ったことになります。そうした中、市場の関心は早くも「次世代iPhone」に移りつつあります。

改めてノッチ縮小に言及

Apple製品のリーク情報でお馴染みのベンジャミン・ジェスキン氏(@VenyaGeskin1)がTwitter上で、2019年に登場するiPhoneのプロトタイプについて言及しています。
 

 
同氏によれば、Appleは現段階で「赤外線レンズとフロントカメラ(インカメラ)が統合された」プロトタイプを作成しているとのことで、それに合わせてノッチも小さくなるようです。改めて投稿された画像では、2019年モデルのノッチがともにiPhone XS/XS Maxの半分ほどのサイズになっていることが確認できます。

Appleとしてもノッチは目立たせたくない?

ノッチが小さくなるという観測は今回が初めてではなく、9月にもジェスキン氏は「5.8インチと6.5インチの画面サイズを維持したまま、ノッチの横幅が狭くなる」可能性を示唆しています。
 
また、iPhone XS/XS Maxのポスターでも「黒い壁紙」のおかげでまるでノッチが存在しないかのようなデザインとなっていることから、Appleとしてもノッチを目立たせたくないのでは、という見方も一部には出ています。
 
 
Source:Twitter-Ben Geskin
(kihachi)

Source: iPhone Mania
2019年のiPhoneは赤外線レンズとフロントカメラを統合でノッチ縮小か

-デジタル関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.