生活関連

『IQOS3』と『IQOS2.4 Plus』を徹底比較! すべてが新しくなって従来品との互換はほぼゼロと判明!!

投稿日:

日本の電気加熱式たばこでトップのシェアを誇るフィリップ・モリス・ジャパンのアイコス(IQOS)は、2018年10月23日に次期モデルを2つも発表した。以前の記事でお伝えした「アイコス3」と「アイコス3マルチ」だ。

新型デバイスは従来のモデルと比べて、どこがどう進化したのか? もしかして、従来のホルダや充電用のクレードルは使えるの? 気になって2つのモデルを確認してみたところ……、互換性はほぼゼロ。使えるのはアレだけだった……

・アイコス3とアイコス3マルチ

10月23日に都内で行われた発表会で、報道陣には取材用の製品1セットずつが提供されている。それを持ち帰って、さっそく従来のアイコスと新アイコスを比べてみることにした。

アイコス3もマルチも箱の形状はまったく同じサイズだ。購入時に間違えないように注意しよう。

アイコス3の箱を開けると、箱の1段目にチャージャーとホルダー。

2段目にクリーニングツールとクリーニングスティック。

3段目には専用のACアダプターと、専用の充電ケーブルが入っている。

本体を除いて、マルチにも同じものが同梱されている。

・ランプとボタンは上部に

さて、従来製品と比較してみよう。ボタンやランプの類はチャージャー上部に集約されている。初回起動時は上部のボタンを4秒長押し。すると、バッテリー残量を示す横長のランプが点灯する。

ホルダーを挿入すると、横長ランプの隣にあるホルダーの充電を示すランプが点滅。充電が完了すると消灯する。

・クリーニングツールも進化

続いて掃除に関して。以前のクリーニングブラシはヒートブレードを破損する恐れがあり、実際に掃除中にブレードを折ってしまったという人もいるだろう。3・マルチはクリーニングツールが進化している。

ツールのキャップを外すと、中にはゴム板が入っている。

これをホルダーに突っ込んで、ブレード周りを掃除するのである。掃除し足りない部分は、クリーニングスティック(綿棒)で掃除して、キレイに仕上げる。

・フタのカバーを付け替えることができる

従来はフタが上部にあり、これがよく壊れてホルダーの充電が出来なくなることが頻繁に起きていた。

しかし今回のは側面に位置している。爪に依存しない開閉方法に変更することによって、壊れる可能性が格段に減少しているのだ。しかも、このフタのカバーは取り外すことができ、アクセサリーで色を楽しむことができる。

・新しいチャージャーに旧ホルダーは使えるのか?

ホルダーは従来品と同じように見えるのだが、実は微妙にサイズが異なる。

新しいチャージャーに2.4Plusのホルダーを入れようと思ったら……、入らない……。ホルダーの使いまわしはできないようだ。

同じように従来品の卓上ホルダー充電器に、3のホルダーを入れても充電できない……。

おまけに3はチャージャーの充電ケーブルが「USB Type C」に変更されている。

つまり、これまでのマイクロUSBケーブルは使えないのである。卓上充電クレードルも使えない……

・結論

すべてが新しくなって、アイコスの弱点を補ってくれたのは良いのだが、ケーブルからクレードルなどそのほか買いそろえたものを、新しく買い替えなくてはならないという人もいるだろう。だが、安心して欲しい。使いまわしできるものもある。

それは……。

綿棒だ!!

いずれにしても、11月15日発売開始。事前予約は行っておらず、またアイコスストアに行列ができることが予想されるので、初日にどうしても欲しい! という人はそれなりの準備をした方が良さそうだ。早朝からの行列になれば、かなり冷え込むと思うので、寒さ対策は万全に。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24
『IQOS3』と『IQOS2.4 Plus』を徹底比較! すべてが新しくなって従来品との互換はほぼゼロと判明!!

-生活関連

Translate »

Copyright© ぽーたりーふ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.