車・バイク関連

ECサイトでバイクの取り扱いが拡大しています。

投稿日:

Yahoo!ショッピングのサイトを検索してみると、2017年10月12日現在で、車-新車で163件、車-中古車で約440,069件、バイク-バイク車体で7,650件、自転車-自転車本体で76,768件、の取り扱いがされています。
報道によれば、Yahoo!では、保険や査定など今後サービスを拡大していくようです。

Amazonのサイトを検索してみると、2017年10月12日現在で、自動車&バイク車体-自動車で5,201件、自動車&バイク車体-オートバイ・電動バイク・バギーで142件、の取り扱いがされています。

ECサイトでの取引は日常生活の中で普通となりました。既存の小売事業者の経営にもかなり影響しているものと思われます。

ECサイトでの売買は、メール等を通じてのやり取りがだけで、売主と買主が直接会って話す事がほぼない中での取引となります。売り手と買い手が直接会うことは非常に大切な事です。会った上で、お互いのニーズを確認・理解し、契約書を取り交わした上で取引すべきです。そうすればトラブルは大幅に減ると思います。ECビジネスであろうと、結局は人と人との取引です。誠実に相手の目を見て話すことが基本になります。

もし、車・バイク購入でトラブルが起こってしまった場合は、自動車公正取引協議会「消費者相談室」へお電話ください。
自動車公正取引協議会「消費者相談室」電話:03-5511-2115(受付時間:平日10:00〜12:00、13:00〜17:00)
Source: 日本二輪車普及安全協会
ECサイトでバイクの取り扱いが拡大しています。


-車・バイク関連

執筆者:

Sponsored Link