デジタル関連

「iPhone8」の背面デザイン、初代風の丸みを帯びたガラス製でワイヤレス充電対応か

投稿日:

初代iPhone
 
iPhone8」と噂される、iPhone10周年記念モデルの背面は、初代iPhoneのような丸みを帯びた「水滴」のような形状で、ワイヤレス充電に対応するためガラス製になる、と韓国メディアET Newsが報じています。

初代iPhoneのような丸みを3Dガラスで表現

報道によると、「iPhone8」の背面は、「ウォータードロップ(水滴)デザイン」と呼ばれる、現行のiPhoneよりも丸みを帯びた形状になるとのことです。
 
素材は、立体成型したガラスを採用することで、ワイヤレス充電にも対応します。
 
ディスプレイサイズは噂されているとおり5.8インチとなり、初代iPhoneより大きくなる一方で、大幅に薄型化されるとみられています。

OLEDディスプレイはフラット

初代iPhoneの背面にはアルミニウムとプラスチックが用いられ、iPhone 3Gではプラスチックだけになり、iPhone4ではフラットなガラスが用いられました。
 
ET Newsは、「iPhone8」の有機EL(OLED)ディスプレイは比較的フラットになる、と報じており、これは最近報じられた噂とも一致します。
 
 
10周年を記念して、初代iPhoneのデザインを現代風に復刻させる、という演出は世界のiPhoneファンの旨を熱くさせることになりそうで、期待が高まります。

 
 
Source:ET News via MacRumors
(hato)

Source: iPhone Mania
「iPhone8」の背面デザイン、初代風の丸みを帯びたガラス製でワイヤレス充電対応か


-デジタル関連

執筆者:

関連記事

実際に動作しているiPhone7の写真と動画が流出!?

中国の修理ショップGeekBarが、実際に動いている「iPhone7」の写真と動 …

iPhone 6、iPhone 6 Plus、iOS 8の使い方解説記事まとめ

iPhone 6、iPhone 6 Plus、iOS 8の新機能、便利な設定 携 …

Siriが話を聞いて答えたり、何かをやってくれるしくみ

声で話しかけると、カレンダーにスケジュールを追加してくれたり、電話をかけてくれた …

エスカレーターの手すりベルトや乗降板にもラッピング広告

東芝エレベータはエスカレーターの手すりベルトや乗降板に広告などを掲載できるラッピ …

週アスで、いまさら聞けないLINEの使い方を知れるって?

週アスで、いまさら聞けないLINEの使い方を知れる? Source: ASCII …

Sponsored Link